修正・削除(パートナーA・B)

パートナーAはERDB-JP内のすべてのデータの修正・削除を行うことができます。
パートナーBは自機関が登録したデータ(マイコンテンツ)の修正・削除を行うことができます。
パートナーBがマイコンテンツ以外のデータの修正・削除を希望する場合,またはゲストユーザが修正・削除を希望する場合は,<修正・削除依頼>をご覧ください。

<修正>
  • 修正したいデータを表示して,編集ボタンをクリックし,必要事項を編集します。
    作業が終わったら「承認」をクリックし,保存してください。
  • パートナーAコメント承認
    図1:コメントの承認

  • 寄せられたコメントへの削除・編集・返信機能は運用しません。
    ただし,修正内容に記録を残したい場合は「承認」をクリックした後,「返信」をクリックしてメモすることができます。
    寄せられたコメントへの返信ではありませんので,ご注意ください。
  • 以下は操作しないでください。
    ・コメント設定:オープン
    ・掲載オプション:掲載
    ・リビジョン情報
    ・ログメッセージ
  • <削除>

    修正したいデータを表示させ,編集ボタンをクリックします。
    画面下方の削除ボタンをクリックすると,データおよびデータに投稿されたコメントが削除されます。
    削除作業をする際は,再度確認の上,処理を行ってください。

    <修正・削除依頼>
    1. 変更したいデータを検索してタイトル部分のリンクをクリックし,詳細画面を開きます。
    2. データの下部に,修正・削除依頼フォームがあります(赤枠部分)。
    3. パートナーB/ゲストユーザー削除依頼
      図2:依頼画面

    4. フォームへ記入/選択してください。(全て必須項目です。)
    5.  ・お名前
       ・依頼種別:「修正」「削除」から選択
       ・Comment:「Commentの入力方法」を参照

    6. 「CAPTCHA」欄に表示されている画像内のコードを入力し,「保存」ボタンをクリックしてください。
    Commentの入力方法
    1. 依頼種別が「修正」の場合
      データの【どの項目について】【どのように修正するか】を明記してください。
      修正を依頼する理由(根拠)や参考になるWebサイト等があればお書きください。
      例:
      • タイトルレベルURLを「http://www.seto.kais.kyoto-u.ac.jp/publication/publication_0.htm」から「http://hdl.handle.net/2433/72814」に修正。
        理由:以前は研究所のウェブサイトで公開していたが、機関リポジトリでの公開に変更になったため。
      • 最新オンライン巻号の出版年月日:2007を追加。
        理由:ウェブサイト(http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/)に2007年で刊行終了した旨のお知らせが載っている。
      • 最新オンライン巻号の出版年月日を「2013」から空欄に修正。
        理由:今後も継続刊行される見込みであるため。
      • 最古オンライン巻号の出版年月日を「2010」から「1967」に修正。
        理由:初号から全て電子化されたため。
    2. 依頼種別が「削除」の場合
      削除を依頼する理由(根拠)や参考になるWebサイト等があればお書きください。
      データの重複により削除を依頼する場合,重複しているデータのURL(https://erdb-jp.nii.ac.jp/ja/title/.....)を明記してください。
      例:
      • パートナーA・Bが依頼内容に基づきデータの修正・削除を行います。
        修正・削除の期日は指定できません。
        また,依頼内容に不備がある場合,修正・削除は行いません。
      • Commentに氏名・連絡先等の記入は不要です。
      • パートナーA・Bが依頼内容を見てComment投稿者に連絡をすることはありません。